ロンドン大学教育大学院 講演会「教育、人道主義、難民危機:シリア難民の教育の現状について」のご案内

この度、ロンドン大学教育大学院(UCL Institute of Education)のTejendra Pherali博士を招いて「教育、人道主義、難民危機:シリア難民の教育の現状について」というテーマで、講演会を開催することとなりました。

本講演会は無料でどなたでも参加できます。

なお、講演は英語のみで行われます。

シリア難民問題の教育の側面にご関心のある方のご参加をお待ちしております。また、この問題に関心のあるお知り合いの方々にご周知をいただければ幸いです。

 

【講師】Tejendra Pherali博士

    ロンドン大学教育大学院(UCL Institute of Education)

          Senior Lecturer in Education and International Development

 

【趣旨】ヨルダンとレバノンにおけるシリア難民の子供たちに対する教育をめぐる問題を取り上げる。シリア難民の子供たちに対する教育は、教育へのアクセス、その質、内容の妥当性において、大きな問題を抱えており、若者世代が、意味ある教育を受けることができない現状にある。労働許可を巡る法的問題により、教育が雇用の見込みに結びつかず、高等教育の機会もほとんど与えられていない。ホスト国の政治的、文化的要因により、また難民が必要とするものに優先する地政学的利益によって、難民がいかに無力化されているかを論じる。それでもなお、教育は、将来の変化への希望を与え、ホスト国の敵対的な社会、政治、文化、経済状況の中で、難民の若者が、生き抜いていく力を与えるものである。

 

【日時】2016年7月17日(日)

    15:00〜16:30

 

【会場】東京都千代田区外神田4−14−1

    秋葉原UDX 4F, ゲストルームC

       (JR山手線、総武線、秋葉原駅より徒歩2分)

 

【参加費】無料

 

【言語】英語のみで行われます。

 

【主催】ロンドン大学教育大学院(UCL Institute of Education)

          Institute of Education Alumni Japan (IEAJ)

    一般財団法人総合教育研究財団

 

【参加申込】参加お申し込みは、http://erfoundation.or.jp/script/mailform/refugee

 

【お問い合わせ】お問い合わせは、ieajpr@gmail.comまで

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://erfoundation.or.jp/home/mt-tb.cgi/13

コメントする