高等教育シンポジウム@大阪教育大学       「グローバル社会における大学での学び」         "A UNIVERSITY FOR LEARNING"          

ronbarnett.jpgロンドン大学教育大学院

UCL Institute of Education

Ronald Barnett 教授

(通訳あり)

35年にわたり、「大学とは何か」を問い続けてきたBarnett教授が、大学は今後どのように発展していくのか、そしてグローバル社会においてどのような人間が求められるかを考察します。さらに、グローバル市民として学生を捉え、彼らが必要な能力を身につけるためには、大学はどのような学びを提供しなければならないかを考えます。最後に、教授の考える学びとして、「エコロジカルなカリキュラム」を提起します。


  

【日時】2015年9月10日(木)

    13:00−16:00  (開場 12:30)

【会場】大阪教育大学天王寺キャンパス

    西館1階ホール http://osaka-kyoiku.ac.jp/campus_map.html#tennoji

   (JR天王寺駅、地下鉄天王寺駅、近鉄大阪阿部野橋駅下車、徒歩約10分。)

【参加費】 無料

【言語】英語、日本語(通訳あり)

【プログラム】12:30 開場

       13:00−13:05 開会挨拶 栗林澄夫 大阪教育大学学長

       13:05−13:10 Barnett教授紹介 

                   糟谷稔  一般財団法人総合教育研究財団理事長

                             UCL Institute of Education 名誉大使

       13:10−14:40 講演「グローバル社会における大学での学び」

                  Ronald Barnett教授 UCL Institute of Education

       14:40−15:50 パネルディスカッション

                  Ronald Barnett 教授

                  安東茂樹 京都教育大学副学長

                  TBA  奈良教育大学

                  TBA  文部科学省

                  進行役 向井康比己 大阪教育大学副学長

       15:50−16:00 閉会挨拶 向井康比己

【茶話会】  16:15より茶話会を行います。(会費無料)

【主催】   大阪教育大学

       UCL Institute of Education

       一般財団法人総合教育研究財団

【後援】   ブリティッシュ・カウンシル

【参加申込み】 参加申込みは、こちらからお願いします。

【お問い合わせ】お問い合わせはinfo@erfoundation.or.jpまで。

【注意】本シンポジウムはビデオ撮影を行いますので、ご承知おきください。

 

【Ronald Barnett教授の略歴】

Ronald Barnett教授は、現在ロンドン大学 UCL Institute of Education (IOE) の高等教育研究の名誉教授で、かつては IOEの Professional Development 担当の学部長(1995-2002)、長期戦略担当の副学長(2005-2008)を務めた。

専門分野は、高等教育にかかる社会哲学で、大学及び高等教育の質と地位を高める方法を提供する創造的概念や実際的原則を模索し続けている。最近ではエコロジカルな大学という概念を発展させる努力を始めた。

主な著作には、'The Idea of Higher Education', 'Realizing the University in an age of supercomplexity', 'A Will to Learn', 'Being a Student in an Age of Uncertainty' などがある。最近では、大学を理解するための3部作に取り掛かっており、第1部にあたる'Being a University' (2011), 第2部にあたる 'Imagining the University' (2013)が出版され、現在第3部を執筆中である。

さらに100を超える論文と100を超えるその他の著述がある。

また、高等教育の研究、政策、実践への顕著な貢献に対して与えられるEAIR (The European Higher Education Society)賞の第1回目の受賞者となった。ロンドン大学の高等博士号(higher doctorate)を授与され、Society for Research into Higher Education 及び Higher Education Academy のフェローでもある。中国およびオーストラリアで客員教授、オックスフォード大学教育研究科の名誉客員フェローを務めている。英国政府の大学問題にかかる委員会の特別顧問でもあり、世界35カ国以上で講演を行った。

また英国の高等教育に関わる主要な組織や海外を含む多くの大学においてコンサルタント業務を行っている。

 

                   

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://erfoundation.or.jp/home/mt-tb.cgi/8

コメントする